Home Top
 施工集
    Landscape redone
    Retour ala maison
    Type-spinnyscape
    Type-Resort
    Type-Natural
    Type-Botanica
    Type-Modern
    Type-Japanesque
    Botanical Screen
    FocalGarden
    FocalGardenⅡ
    Focal GardenⅢ
    ルーバー施工
    ベランダ装飾
    大規模植栽計画
    創作竹垣
    ウッドデッキ・木工事
 作庭プランニング
 お手入れ【庭園管理】
 無農薬害虫対策
 会社概要
 問い合わせ
 庭屋のガーデン日記

 

§


LINK 
植 木 梅 萱
庭園管理専門サイト
 
 

§


 
 英国王立園芸協会

  
 

§

 
  


      Retour ala maison.
               ― 帰 郷 ―
                
                    ~帰りたくなる家~
      
 
  
WHAT NEW!  2019
さり気ない牧歌的景観へと変貌しています。
少しずつ奥に惹き込まれる様相になったかと。
これからいろんな花が咲き出します。
ジャーマンカモマイルも自生えして!
サツキと石はよく合います
カツラも繁茂の時季を迎えました
ヘンルーダが繁茂してきました
ハイドランジア・ダンスパーティなど
 ヤマボウシの根締めはミント類で
自然形のトサミズキとハイビャクシン
ヘンルーダとハイドランジアのフォリッジ
中央にバリエのヤツデを配してみました
 軒先にヒッドコートを植栽
ヒッドコートの香りが縁側一杯に広がります


 

 
Construction  2017   

岐阜県西濃・旧家にお住まいの御施主様より『数年掛けて趣きある庭を造りたい』との ご要望で庭つくりが始まりました。  始めてお邪魔した時に不思議に懐かしい思いがしましたのが平屋造りと擦り硝子をはめ込んだ木戸の軒でとても落ち着きある良い佇まいです。ヤル気が湧いて来ます! その軒前にある庭に目を向けますと間口の広い敷地とご近所所有の柿畑が目に飛び込んできます。日本の良さは緩やかである意味、曖昧な仕切り方があるのも魅力のひとつではありますが、今回のケースではある程度『ここからは庭でこちらは畑』という明確さが必要に感じましたので柿の木の生命力あふれる濃い緑は借景に摂り込みつつも、ボーダーを設ける事に致しました。この庭の主木は一番奥に立つモチノキである事は変わりませんが広い敷地ですので奥へ誘導するべく要所要所に雑木を足していくのがおおまかなコンセプトです。次項ではそこらへんまでの作業風景をご覧下さい。

 
 
まず、大まかなイメージを!
カツラを2本植えましょう
カツラ植栽完了 
次はボーダーの墨出しです 
2m間隔の柱と梁が構造です
まるで牧場の様に長い! 
ほぼイメージ通りでした 
先に植えておいて正解でした
チーク色で高級感を